師の教えと共に。

 「大変なことに挑んでいる姿そのものは、自分には見えないが、幸福の姿なのです。

  その姿が人生が、人々に感動を与える。だから、もっともっと挑戦してください。」


2001年8月、彫刻家小金丸先生が、私に伝えてくれた制作の指針です。

 


ごあいさつ

“モニュメントは奉仕の精神”

 

 石彫を本格的に制作するようになった頃、1989年7月6日、私の恩師である彫刻家小金丸幾久先生が、万感を込めて贈ってくれた指針の一つです。

 以来、たくさんの方々からの応接をいただき、各地の公共の場等へ石彫刻モニュメントを制作 させていただいております。

 

重なる体験と共に師の言葉をいろいろな角度 から体読します。

石を通しての絆は人類の歴史と共に始まり、新たな1000年の未来に向け続きます。

 

人々の石に託する思いを刻む意義深い仕事をさせていただき、

皆様に心より感謝いたします。

浅賀 正治 


プロフィール  浅賀正治(Masaji Asaga)

 

1953年 山形県生まれ
1975年 太平洋美術学校彫刻科に学ぶ
1976年 彫刻家・小金丸幾久氏に師事
1985年 第7回ブルガリア・ガブロボ国際ビエンナーレ金賞
1987年 第8回ブルガリア・ガブロボ国際ビエンナーレ入選

1990年 「ラブロード50」建設省主催「石の彫刻コンクール」で優秀賞受賞
1992年 岩瀬石彫展覧館 ROCK MUSEUM主宰開館
1994年 第1回アーティスト・イン・レジデンス「石彫千年の交感」開催、ジャティン・ヌリエフと2人展
1996年 ジョラム・マリガ氏講演会
     (国際交流基金文化人招聘プログラム開催
      第2回アーティスト・イン・レジデンス「石彫千年の交感」開催、シバトコ・シロマシキと2人展)
1997年 茨城県国際交流奨励賞
1998年 第3回アーティスト・イン・レジデンス「石彫千年の交感」開催、ミラン・アンドレエフと2人展

    日本国際交流基金より ジンバブエ国に石彫刻交流で派遣される
2000年 第4回アーティスト・イン・レジデンス「石彫千年の交感」開催、イワン・ルセフと2人展
2001年 国立オリンピック記念青少年総合センター支援事業"親子で石彫刻"講座
2002年 第5回アーティスト・イン・レジデンス「石彫千年の交感」開催、スネジャナ・シメオノヴァと2人展
2004年 ブルガリア共和国名誉証受賞

     ブルガリアの石の街・イリデンツィ石彫制作
                 市民講座22回開催
2005年 国際交流基金‘05年度 地球市民賞 個人初受賞
                 第6回アーティスト・イン・レジデンス「石彫千年の交感」開催
                 ステファン・ルタコフと2人展
2008年 第23回国民文化祭 アーティスト・イン・レジデンス開催
                 第7回 AIR キリル・メスキン展開催
                 ブルガリア派遣交流団現地石材での石匠7人制作建立事業
                 同国外務省での交流展 国立美術館収蔵
2011年 ブルガリア文化省よりゴールデンセンチュリー賞(同省最高位賞)受賞式招聘
                  同国内講演ベリコタルノボ大学

        2014年    県立真壁高校非常勤講師
                         第8回アーチストインローカルレジデンス「千年の交感」開催
                         エミル・バチイスキーと2人展
                         第9回アーチストインレジデンス ケイテイ・ジェイン展

         2016年   ブルガリア共和国イコン絵画・刺繍展

         2017年   第10回アーチストインローカルレジデンス
                         ヴェンツイスラフ・デイコフと2人展

        2019年 ブルガリア共和国外務省より黄金の月桂樹賞、最高位を受賞

 

 

 

ジンバブエ国に石彫刻交流で派遣される
ジンバブエ国に石彫刻交流で派遣される

20019年3月22日 ブルガリア大使館において 副首相兼外務大臣より”黄金の月桂樹賞”最高位を受賞しました。